わきが 乳製品

わきがに乳製品は良くない!できれば控えよう!

乳製品

わきがは、アポクリン腺から出る汗が細菌に分解されてツーンとする何とも言えないにおいを放ちますよね(-.-;)

 

で、わきがには乳製品は良くないです!できれば控えたほうが良いでしょう!

 

なぜ乳製品はわきがに良くないのか?

牛乳は生のままでは販売出来ないので、加熱殺菌されますが、この時の熱で牛乳は酸化してしまいます。
また牛乳が分離するのを防ぐために撹拌(ホモゲナイズド)しますが、この時も、空気が含まれて酸化します。

 

牛乳が撹拌されて小さくなった粒子が、腸のヒダヒダの間に詰まって腐敗しやすくなりますし、酸化した動物性脂肪は、アポクリン腺から出る汗の材料になリます。しかも臭いんです・・・。
というわけで、わきがが悪化するんですよね(;_;)避けた方が良いですね。

 

 

日本人は乳製品を分解しにくい体質

日本人は「乳糖不耐性」という体質の方が多く、牛乳などに含まれる乳糖を分解する能力が低い傾向にあるんですね。

 

その為、お腹がゴロゴロする、酷くなると下痢になったりする民族なんです。

 

また、日本人には、乳糖を分解する酵素「ラクターゼ」が少なく、その理由はどうやら日本人が農耕民族であるということにあるようですね。
穀類や野菜を食べていたので、このラクターゼが少ないんです。

 

反対に、欧米人は狩猟民族で肉や乳製品を多く食べていた為酵素ラクターゼが多いですね。

 

体に良いといわれる乳製品を全く食べないというのは難しいかも知れません。
しかしわきがの材料になる事を考えると、少し控えた方が良いかもしれないですね・・・。

 

とはいえ、乳製品を控えたからといってわきがが改善することはあまりないと思いますね・・・。私も全く軽減した感覚はありませんでした。

 

やはり、「根本的に汗を抑えて菌を繁殖させない!」これが何よりもワキガ対策には重要だと今ははっきりと言えます。

 

汗を抑えて菌も抑えるのはノアンデくらいではないでしょうか?

 

こちらで紹介していますので、チェックしてみてくださいね(*^_^*)